タイ入国 サポート概要&2021年最新情報

タイ入国

タイ入国

※ タイ入国 2021年4月24日現在

タイへの渡航に際して必要となるビザの申請、医療保険証の取得、航空券手配、ASQホテル手配、入国許可証(COE)の申請、PCR検査陰性証明書の取得の手続き手順をまとめました。
弊社では「これらの手続きとその後の滞在」をサポート致します。

弊社で入国サポートしてるビザ種類は【ビザなし45日間滞在(入国後延長可】【観光ビザ】【特別観光ビザ】
その他の渡航目的の方の手続きについては、タイ王国大使館・総領事館にご確認ください。

 

弊社でサポートしてるサービスは以下になります。

 

【 航空券の手配 】
・JAL/日本航空(JL)、ANA/全日空(NH)、タイ国際航空(TG)、ZIPAIR(ZG)のバンコク行き直行便4社の手配が可能です。

 

【 ASQホテルの手配 】
・タイ政府指定のASQホテル(代替検疫施設)の手配が可能
隔離期間
2021年4月1日タイ時間午前0時01分より、コロナウイルス変異株の感染が確認されていない国(日本を含む)からの渡航者に対し、隔離期間を14日間から「10日間以上」に変更します。
これまでは入国日を0日目としておりましたが、
4月1日以降、深夜0時1分~午後6時に入国した場合は到着日を隔離1日目、
午後6時1分~深夜0時に入国した場合は今まで通り翌日を隔離1日目とします。

※ホテルにより対応が異なるため、午後6時前のご到着であっても
翌日を隔離1日目とする場合がございます。
【 18:00前の到着便の場合  … 10泊 】
【 18:01以降の到着便の場合 … 11泊 】
< ASQパッケージに含まれるもの >
・10日間の宿泊代金(10泊・11泊いずれも同料金の場合がございます)
・食事(1日3食)
・空港から隔離ホテルまでの片道送迎
・滞在中のPCR検査費用(2回予定)

 

【 英文医療保険証の発行 】
・弊社でタイ大手保険会社(TIP insure)の海外旅行傷害保険のお申込みが可能です。発行も即可能です。

【 COE申請サポート 】
・申請書類の確認・作成
・入国許可書(Certificate of Entry)申請方法が2021年1月からシステムによる申請になりました。
・COE申請サポートをお申し込みの方に、+T.8 Form(健康質問書)作成代行も込み(T.8 Form(健康質問書)はタイ入国時に提出が必要な書類です。書類の作成を代行)

※英文搭乗可能健康証明書(Fit to Fly or Fit to Travel Health Certificate)は2021年4月1日から不要となりました。

 

【 PCR検査予約 】
・弊社では、お客様のお住まいの近くのクリニックでのPCR検査の受診日時予約代行を行うサービスを提供しています。渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。

日本の出国空港及びタイ入国時に提示する書類
新型コロナウイルス感染拡大後の各国の対応は流動的なため予告なく変更になる場合があります。最新の情報や詳細は必ず各自でご確認ください。
1,有効なビザもしくは再入国許可証があるパスポート
2,入国許可証(COE:Certificate of Entry)コピー
3,渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書 (原本)
4,新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万米ドルの治療補償額の英文医療保険証
5,ASQホテル(隔離施設)の予約確認書
6,T.8 Form(タイ王国健康質問書)

【ビザなし45日間滞在(入国後延長可】【観光ビザ】【特別観光ビザ】

で入国後、弊社ではその後の【ビザ延長サポート】【住居案内・滞在先予約サポート】を行なっております。

詳しくはビザ延長サポートページをご覧頂くか、お問い合わせください。

 

【料金】

☆ALL代行サポート 6,500バーツ

☆ALL代行サポート&ビザ延長サポート 4,000バーツ&ビザサポート代金
・ビザ無し又は観光ビザで入国後の滞在延長をご希望の場合こちらのパッケージがおすすめです。ビザサポート代金も割引させて頂きます。

1,COE(タイ入国許可証)の作成手配代行/3,000THB
2,タイ国内ホテル(ASQ)手配代行/1,500THB
3,新型コロナ対応の入国用医療保険手配代行/1,000THB
4,タイ王国健康質問所/T.8Form(原本)作成代行/1,000THB
5,PCR検査場所予約手配/500THB
※ALL代行サポートは1~5の全ての手配を承ります。