【2022年1月21日現在】必見!日本帰国&隔離の最安手配方法

1月20日緊急帰国!タイ側の準備について

日本に急遽帰国することになった場合のタイ側での帰国の準備は何が必要か?

◆ 結論!72時間前のPCR検査の陰性証明のみ!ホテルやハイヤー手配は焦らずに!

※ 現在日本では強制隔離が3日間必須、その後7日間の自主隔離が必須となっております。(1月17日最新)
そのため、事前に隔離ホテルや自主隔離を自宅で行うためのハイヤーの手配など、タイ出国前に必要なのかどうか?非常に重要な情報となるので強調させて頂きます。
★ 事前予約は損してしまう可能性があります!情報をしっかり精査してから決めるのが最善です!

日本到着時の流れに関して

現在の日本帰国時の流れは非常に厳重になっておりました。

以前はかなり緩かったようですが、1月21日現在の入国検査の流れは下記のようにかなり厳しかったです。

◆ フライト:ZIP AIR

現在ジップエアがダントツで最安となっております。現在で片道7000バーツ前後

◆ 搭乗・入国人数24人

飛行機はガラガラで座席も広く使える状況でした。非常に快適なフライトになっております。

◆ 到着後の記入書類

全ての書類は現地で貰えるので、事前に準備が必要なのは陰性証明のみ

  • 誓約書

  • アプリ登録説明書

  • 健康診断書・健康カード

  • 入国時質問票QR作成(スマホでの登録必須)

  • 税関申請書

  • 隔離場所情報登録(強制隔離施設の方)

  • My SOS アプリ登録

https://apps.apple.com/jp/app/mysos/id971663851

◆ 入国後の流れ 時系列

  1. 最初にPCR検査
  2. 健康カード・誓約書記入
  3. 質問票QR作成(自主隔離方法も記載必要)
  4. 自主隔離場所の決定(後で変更も可能)※ ハイヤーで帰宅する場合予約証明が必要
  5. コロナ検査の結果が出る(2時間後くらい)
  6. 陰性カードがもらえる
  7. 強制隔離施設決定(選択不可能、全て公費自費なし)
  8. 税関申請、受託荷物受け取り
  9. 隔離施設にバス移動
  10. 3日間強制隔離開始

重要なポイント!

① 強制隔離施設は選択出来ず、隔離終了後は、『到着空港へ専用バスで戻る事が必須』

※ 隔離施設に迎えを呼ぶ事は不可能

※ 隔離施設によるかもしれないが、Wi-Fi及びネットが遅い、、、

② 隔離終了後の移動は登録された方法しか使えない

・自家用車(登録必須)

・ハイヤー手配(自宅またはホテルへ)

・専用スカイライナー(京成上野まで)おすすめ!

※ スカイライナー利用後に自家用車を利用する事も可能!

※ 事前予約必須(到着時の検査場で予約可能)

・専用バス ホテル予約必須

・レンタカー

③ 強制隔離後の移動方法は強制隔離中に決めても大丈夫!重要!

帰国後にレンタカーかハイヤーか自家用車か、はたまた自主隔離用のホテルにするのか?決めかねている人は隔離中に決定しても大丈夫!

④ 自主隔離ホテルの指定は無し!(格安ホテルでも問題無し)

※ ネットで隔離ホテルを検索すると10万円オーバーのホテルしか出て来ず、無駄な出費が増える可能性あり

⑤ ハイヤーは高額になりがち!

※ 都心のホテルに向かうハイヤーでさえ2万円前後かかる。

※ 地方までの移動となると、10万以上はかかってしまう可能性大。

⑥ 自主隔離をホテルをとる場合は格安サービスで取得可能!

※ 自主隔離は7日間でOK

※ 京成上野近辺のホテルを利用すればハイヤーを利用しなくて良い。

※ Agodaで最安はアパホテル京成上野 38,000円前後

実際にかかった費用の実例!(隔離ホテル利用)

※ 弊社関係者が実際に体験した内容です。

<タイ出国前の費用>

  • PCR検査及び陰性証明発行 2,800バーツ(最安ではないが格安)
ラマティボディサービスセンター にて。安く混雑ゼロ、24時間以内に結果判定。日本の陰性証明テンプレ事前準備必須
アクセス:Ramathibodi medical services at Rewdi
091 774 6465
https://goo.gl/maps/mzXXw61gSTqWbUCX9
大手病院だと混雑かつ高額なので、こういったローカル病院がおすすめ
  •  航空券 ZIP AIR
成田行きが荷物付きで約7,000バーツ

 

実際にかかる費用は上記2つのみなので、トータル1万バーツ前後のみ。

タイ出国前 10,000バーツ

<日本入国後の費用>

  • 強制隔離3日間
3食付き全て公費で無料。自費は一切無し。
  • 自主隔離ホテル
京成上野アパホテルで38,500円
  • 京成上野までのスカイライナー 4500円
 
タイ入国後の費用トータル43000円(約12500バーツ)

 

★ 最終的にかかった費用は2万3000バーツ前後

★ 成田まで迎えにきてくれる人がいる場合は費用ゼロです。

タイに戻る場合、往復の最安の費用は!?2月2週目以降

※ 2月からTest&goの再開申請開始!申請開始なので、実際に渡航できるのは2月2週目から。

保険費用:最安1ヶ月2250バーツ(AXA様の場合)

渡航費ZIP AIR:7000バーツ前後

隔離1日(送迎・検査込み):最安約4000バーツ

日本でのPCR検査及び陰性証明発行:15000円(約5000バーツ)

 

★ トータル費用:約2万バーツ

 

以上からトータルの往復費用のは、、、

◆ 隔離ホテルなしの場合(強制隔離後にすぐにフライトで帰国可能!)

約3万バーツ前後で往復可能!

◆ 隔離ホテル込みの場合

約4万3000バーツ前後で往復可能

 

パスポートに問題があり、出入国が必要な方

タイの隔離が無くなった事により、いざとなったら日本への帰国も視野に入る可能性あり。

★ 最短5日でタイに帰国可能!!

★ トータル3万バーツ前後で出入国可能!

現在タイ国内でのビジネスVISA取得が困難になっている方は一時帰国も有効な手段になるはずです。

リセットするためにも帰国して再入国すれば取得出来る可能性がアップします!

お気軽にご相談くださいませ。

尚、現在ボランティアビザを保有している方は本当に要注意です!!

しっかりキャンセルしてから出ないとタイに入国出来ない可能性あり。イミグレで間違いなく止められてしまいます。

ボランティアビザ保有者もお気軽に弊社にご相談くださいませ。

TEL : 084-261-0309

受付:AM9:00~PM5:00(平日)

公式LINEで簡単お問い合わせ

AM8時〜PM23時まで対応可能(無休)